介護施設利用のデメリットとは

subpage01

介護施設を利用することには、家族の介護負担が軽減される、また利用者にとっても適切なケアを受けながら、安心して生活を送ることができると言うメリットがあります。ですが反対にデメリットもあります。


まずはやはりお金がかかると言う点が挙げられます。

介護施設を利用した際に発生した料金に関しては、要介護度に合わせて定められた金額まで補助が支給されます。

ただ介護保険内で認められた以上のサービスを利用した際は、その分の利用料金は自己負担です。またたとえ介護保険で補助されると言っても、それだけでは足りないと言うことも考えられます。

非常に低額で利用できる介護施設もありますが、それにしても利用料金がゼロと言うことはありません。

介護付き有料老人ホームのことならこちらのサイトをご覧ください。

可能であれば、施設利用のことも考えて貯金をしておくのが望ましいです。



それから施設により職員の質や介護サービスの質には差があります。
また利用者と施設の雰囲気が合う、合わないと言うのもあります。
よって職員の質やサービスの質が低い施設、利用者が合わないと感じるような雰囲気の施設を利用してしまった場合には、利用者の状態が悪化してしまうこともあると言うのもデメリットです。

このデメリットを軽減するためには、やはり事前の見学が重要です。
そして介護施設によっては、入居中に心身の状態が変化した場合には、別の施設への移転を余儀なくされることがあると言うのもデメリットです。

これに関しては、それぞれの介護施設の特性、入居条件などを事前に確認しておくことが必要です。

産経ニュースに関する情報です。